わからんから面白い魏志倭人伝

三国志の時代の魏志倭人伝にはわからん事が多い。わからんからそのまま想像力を働かして楽しんじゃお!

 陳寿さんの立場から見聞した倭人と倭国について

三国志は魏蜀呉の三皇帝が並立した面白い時代を記述したものだ。

その中に魏志倭人伝(正確には三国志・魏書・烏丸鮮卑東夷伝の中の倭人条)がある。

三国志の著者は陳寿という人だ。

www.aki104.com

 陳寿さんの立場から見聞した倭人倭国について想像してみたい。

陳寿さんは西暦233年に蜀の国で生まれ、297年に65歳でなくなったらしい。晋書に陳寿列伝がある。

卑弥呼が魏に初めて朝貢するのが西暦238年だから陳寿さんはその時まだ5歳だ。

しかも、魏とは対立する蜀に生まれているから、倭女王卑弥呼の魏への朝貢などは到底知らずにいただろう。

その後の数回の倭の朝貢も知らずに育っただろう。

やがて蜀に仕官したけれど、その蜀が西暦263年に滅亡してしまったから、陳寿さんは30歳で失職してしまった。

西暦265年に司馬炎が魏から帝位を奪って(形式上は禅譲西晋が成立して後に、陳寿さんは西晋に仕官できたらしい。

倭国西晋の成立を祝って翌266年に朝貢したがその時陳寿さんが仕官していたかどうかはわからない。

 

というわけで、「陳寿さんの立場から見聞した倭人倭国」と言った割には陳寿さんと倭の間の直接的オーバーラップはほとんどない。

直接的オーバーラップがほとんどないけれども、魏志倭人伝の描写は実に生き生きとしている。

このギャップはどこからくるだろうか?

おそらく三つの可能性が想像できる。

1)魏の使節旅行記をそのまま魏志倭人伝に掲載した。

2)魏の使節の話を聞いた別の史家の文章をそのまま掲載した。

3)陳寿さんが魏の使節の団員から直接話を聞いた。

個人的には、3)であることを想像したい。

けれど、実際は2)である可能性が高いだろう。当時既に「魏略」とかが存在する。

当時は著作権などは気にしないで、他人の文章を断りなしに引用できただろう。

 

とにもかくにも、陳寿さんにとっては、倭女王卑弥呼朝貢は同時代の出来事だったと思う。

当時の中国人にとって東の辺境の地の倭からの朝貢はどのくらい注目されただろうか?

良くはわからないが、少なくとも魏の国にとっては敵対する呉を牽制する国として倭に期待したようだ。

それは、「親魏倭王」という称号に表れている。このように称号は他にはインドを領有するクシャナ朝と言われる大月氏に与えられた「親魏大月氏王」しかない。

つまり倭が大月氏と同格とみなされた。

しかし、その後の経過は、倭国内での内乱で卑弥呼が亡くなるなど、おそらくは魏の期待に沿うものではなかった。

 

 

 

史家の功名心

f:id:Aki104:20190406211355j:plain

史書の成立

中国の史書というと、史記漢書後漢書三国志と続く。

しかし成立年代となると、この順序ではなく、史記漢書三国志後漢書だ。

後漢書の成立がやたらと遅くなってしまった。陳寿さんの三国志の成立から200年近く遅れて成立したのだ。

 

なぜ後漢書が遅くなったか?それは陳寿さんが後漢書よりも三国志を優先したからだ、などといいかげんな想像をしてみたくなる。

 

史家というのは歴史を記録することにより後世に著者として名を残す事ができる。

既に陳寿さんの前には、史記を書いた司馬遷漢書の著者班固という歴史に名を残した史家がいる。

陳寿さんにもそうした先達に続こうと思う功名心が当然あっただろう。

陳寿さんは、そうした立場に任官したときにおそらく考えたに違いない、後漢書を書くか?三国志を書くか?と。

三国並立の時代は50年くらいしかないから、量が少なくて済むし、また英雄も多くいる面白い時代だ。

一方で、後漢の時代は光武帝の建国後はあまり面白くない時代が200年も続く。

功名心の旺盛な人なら、労多くして功の少ない後漢の歴史よりも三国並立の面白い歴史を書きたがるだろう。

ということで陳寿さんは三国志を書いた。

陳寿さんの偉い所は、三国それぞれの歴史書を書いたことだ。つまり魏書だけでなく、蜀書と呉書も書いた。その3個の書を集めて三国志とした。

もっとも三国の間には量的な差がある。文章の量としては

魏書:蜀書:呉書が4:1:3くらいだ。

陳寿さんはこうして三国志を書いて歴史に名を残した。

 

そうすると、先を越された後漢の歴史を誰が書くかだ。

後漢の滅亡から250年も経ってようやく范曄さんが後漢書を書上げた。

不幸にして范曄さんは謀反の罪で殺されてしまったが、

後漢書は、史記漢書三国志とともに四書として後世に名を残す事ができた。

 

 

魏の使節は卑弥呼に会ったか?

魏志倭人伝によると、西暦238年の女王卑弥呼朝貢に応える形で、2年後に

梯俊等が皇帝の手紙(詔書)と印綬をもって、倭國を訪れ倭王に会った。漢文では

梯俊等奉詔書印綬詣倭國拜假倭王

とある。その後にも倭王が魏の使節に感謝しており、また再び倭王が魏に朝貢使節を送ったとある。

ここで「倭王」とは倭女王卑弥呼だろうか?

読んでいるとどうもそのようには受取れない。

卑弥呼を指すときには「倭女王」とか「女王」と明言している。ところが魏の使節の訪問の記述部分でのみ突然「倭王」という語を使うのだ。

どうも「女王」と「倭王」を区別しているように、私には思える。

ここの「倭王」は卑弥呼を補佐している弟のことではないか。

 

本来、魏の使節は、皇帝の詔書をもって倭国へ来た。その皇帝の詔書のあて先は倭女王卑弥呼だ。魏の使節は当然に倭女王卑弥呼に会う必要がある。

会ってないならその使節は命令不実行で死刑になってもおかしくない。

ところが、何らかの事情で卑弥呼には会わなかった。何らかの事情とは想像するしかないが、例えば、

1.卑弥呼が容易に行けない程遠い所にいた。大和地方にいればかなり遠い。

2.卑弥呼が神に仕える身であって会えず、政治一般を取り仕切る弟が九州まで迎えに来た。

3.技術的な理由:例えば、魏の使節は面子上魏の大きな船で来たがそれが関門海峡を越えられずに邪馬台国まで行けなかった。

等の事情があったかもしれない。

魏の使節邪馬台国やその手前の投馬国にも行っていないらしいのは、邪馬台国と投馬国の戸数だけが推量の「可」(べし)を使っている点からも想像できる。

 また、邪馬台国と投馬国への道程だけが「里」でなく日数表示なのもそこまで行っていない事を示唆するかもしれない。

 

しかし、倭女王卑弥呼に会っていないと言ってしまうと、魏の使節は死刑になりかねない。かと言って史家として陳寿さんは使節が女王に会ったと嘘は書けない。そこで、婉曲に「倭王」という表現を使って「女王」と区別した、と想像する。

「倭」は本当に「ワ(wa)」と発音するか?

「倭」を普通に「ワ」と言い慣わしている。「倭人」は「ワジン」だ。「倭寇」は「ワコウ」だ。

しかし、当時本当に「倭」を「ワ」と発音しただろうか?

Wikipedia 「倭」によると、隋・唐時代の書物に「ワ(wa)」または「ヰ(wi)」と発音したとある。そこでは「ワ」と発音する時は「倭国」を示し、「ヰ」と発音する時は「従順なさま」と意味するとある。

従って、隋・唐時代には「倭人」は「ワジン」と発音したようだ。

 

しかしもっと古い時代には「倭人」を「ヰジン」と発音していたかもしれない。

後漢書東夷伝

建武中元二年倭奴國奉貢朝賀」

という文がある。これを普通は、

「西暦57年(建武中元二年)に倭の奴国が朝貢してきた。」と解釈したけれども、その時もらった金印には「漢委奴国王」となっていて、「漢倭奴国王」ではない。

そこで、金印では「倭」の替わりに「委」の字を省略形として使ったという苦しい説明をする。

「倭」を「ヰ」とする立場からの説明は、「倭奴」も「委奴」も「ヰト」と発音して、「倭奴国」も「委奴国」も魏志倭人伝の「伊都国」とする。

こうすると、後漢書東夷伝の文面と金印の文字とは整合性がいい。しかし、伊都国が魏志倭人伝の時代から200年も前に存在していたかどうかは不明だ。

 

また、漢書地理志に

「東夷は天性従順であり、他の3方(西戎北狄、南蛮)とは異なる。

孔子が舟で九夷に行きたく思ったのも道理だ。

楽浪郡の海中の島々に倭人がいる。」

とある。

ここで「東夷」とは「倭人」を示すものとすると、「倭人」とはもとは「従順な人」という意味をもっていたかもしれない。

漢書地理志ができたのは後漢の時代であって、まだ日本列島を中国人が認識していたとは言えない。

日本列島を中国人が認識し始めたのは卑弥呼朝貢に応答する魏の使節が北九州に来てからだ。

従って、漢書地理志が意味する倭人は決して今の日本人ではない。それは、中国から見て東の海の中の島々に住む人々を意味していた。

そうして、当初は「倭人」は「ヰジン」と発音していて、「おとなしい人々」という位の意味に使っていたかもしれない。

 

倭寇」と恐れられる海賊が現れる一千年前だ。

知らないと永遠にわからないままでいることもある。

「主よ、主よ。なんぞ我を見捨てたもうや」(エロイ、エロイ。ラマ・サバクタニ

キリストは十字架の上でこう叫んだ。

この語が長く私にはわからなかった。

高校の英語の先生も「さすがのキリストも苦痛に耐えられなかったのかな?」と疑問符を付けていた。

ただ単に苦痛と絶望からキリストはこう叫んだのか?

そうではないのでは?

そうした疑問がいつまでも残った。

 

私の疑問を解いてくれたのは遠藤周作さんだった。

「イエスの生涯」において、遠藤周作さんは言う。

「『主よ、主よ。なんぞ我を見捨てたもうや』は旧約聖書詩篇22編の冒頭の語である。

そして詩篇22篇は、冒頭の悲しみの訴えから、

『わたしは汝のみ名を告げ・・・人々のなかで汝をほめたたえん』という神の賛歌に転調してゆくのである。」

エスは、詩篇22篇の冒頭の語を言うことにより、最終的に神を讃えたのだ。十字架上で、苦痛に苛まれながら。

 

ここでの教訓は、詩篇22篇を知らなければ、私の疑問は永遠に疑問として残った、ということだ。

知らないと永遠にわからないままでいることもある。

 

魏志倭人伝だけを読んでいては永遠にわからない事もある。

例えば、何故卑弥呼は西暦238年(239年説もある)に魏に使節を派遣したか?

その時に帯方郡公孫淵の支配から脱して魏の直轄地になったから、倭から魏の洛陽までの直通ルートが開いたからだ。

 

魏志倭人伝だけでも十分面白いが、そこからおもむろに範囲を広げていくことで、今までわからなかった部分がわかってくる。それがまた面白い。

 

本当に古墳はランダム配置か?

 前回古墳はランダム配置だと言った。

aki104.hatenablog.com

 本当にそうか、他地域で見る。

f:id:Aki104:20190327105554j:plain

箸山古墳から北を見る

まずは大型の古墳では最も古いと言われる箸山古墳から北を見る。上図の最下段にあるほっそりした形の良い(と私は思う)古墳が箸山古墳だ。池が北西側に接している。数個見える古墳は、うーん、大体西向きだが厳密な方向性はない。図最上部辺りに南向きの古墳がある。

f:id:Aki104:20190327102847j:plain

仁徳天皇陵周辺

次に仁徳天皇陵周辺だ。南西向きと西北西向きが混じっている。

f:id:Aki104:20190327103113j:plain

佐紀盾列古墳群

第三に佐紀盾列古墳群だ。平城京のすぐ北にある。ここは大体南向きだ。一個東向きの古墳が左側2個の南向き古墳の南隣にある。森の形はかなり崩れている。

上図最下段中央、「Yahoo地図より抜粋」の「Y」の字のすぐ上にある森は円墳っぽく見えるが前方後円墳の前のスカート部分が平城京大極殿を作るために削られてしまったそうだ。古代でも墓を破壊するという事があるという例だ。因みに平城京を作るときには、相当な数の古墳を破壊したと想像する。

f:id:Aki104:20190327104801j:plain

さいたま古墳群

最後にさいたま古墳群だ。干支の年号と「ワカタケル大王」の文字入りの鉄剣が出土したことで有名だ。ここは大体南西を向いている。

 

という事でローカルで見るとある程度の方向性はあるけれども、全体としては方向はランダムだと言っていいように見える。

少なくとも、ギゼーのピラミッド群にみられるような厳密な方向性はない。

古墳のランダム配置

f:id:Aki104:20190325130654j:plain

応神天皇陵周辺

衛星写真で日本の古墳群をみるとこうなる。上図は大阪府にある応神天皇陵周辺だ。一番大きいのが応神天皇陵だ。

私は、一見してそのランダム性に驚いてしまった。

前方後円墳が種々雑多な方向に向いているではないか。

 

これを、エジプトのピラミッドと比較するとよくわかる。

f:id:Aki104:20190325131346j:plain

こちらは東西南北が実にきっちり設計してある。

 

このように、古墳時代の日本人は方位つまり東西南北にはかなり無頓着だったようだ。

東西南北に無頓着という事は太陽の運行に無頓着ということであり、暦に無頓着だったと言っていいと思う。

暦に無頓着という事は暦がなくても十分生活できたという事だ。

気候が温暖であって、少々種まきの時期を間違えても作物が実っただろう。

古墳時代でも暦に無頓着だったから、その前の弥生時代、つまり卑弥呼の時代でも暦みたいなものはなかっただろう。

魏志倭人伝の魏略註にあるように「正歲四節を知らず」だった。

 

aki104.hatenablog.com

 と以上、古墳のランダム配置と魏志倭人伝の「不知正歲四節」の関係を議論した。

論理はかなり飛躍しているが容赦してほしい。

 

それにしても前方後円墳は実に好き勝手な方向を向いている。

これだけランダムだと古代人は何物にもとらわれない自由闊達さをもっていたのかな?などと考えてしまう。